介護保険制度について

介護用品の購入者を費用面でサポートする介護保険制度。こちらでは、弊社製品をご購入いただくうえで、ぜひご活用いただきたい介護保険制度についてご説明します。ご購入の前に、ぜひお目通しください。

介護保険制度とは

高齢化社会が進む昨今、国民一人ひとりの不安を膨らませているのが、老後の生活に関わる介護。これを社会全体でサポートしていくために設けられたのが介護保険制度です。支援が必要との認定を受けた方を対象に、介護に関わる商品購入の費用を国が負担します。 商品購入の際に介護保険制度を受けるには、この制度を運営している市町村の認定を受けた指定業者より購入しなければなりません。

介護保険制度について、より詳細をお調べいただく方は下記リンクをご覧ください。

なお、市によって介護保険の取り扱いは異なります。詳しくはお住まい近郊の各市町村の市役所へお問い合わせください。

介護保険制度とは

介護保険制度のしくみ

各市区町村が保険者となって被保険者(加入者)から保険料を徴収します。介護が必要になった際は「要介護認定」を受けたうえで一部の費用を支払い介護サービスを利用するというしくみです。下記に介護保険制度のしくみを図解いたしましたのでご覧ください。

介護保険制度のしくみ

介護サービスの種類

介護保険の適応で利用できるサービスは、下記の通りです。
サービスの種類は受ける場所(在宅か施設)によって分類されます。

在宅サービス

  • 介護用品および福祉用具の購入、貸与費用の支給。
  • 訪問介護、入浴、看護、リハビリ。
  • 居宅療養管理指導。

施設サービス

  • 介護老人福祉施設の利用。
  • 介護老人保健施設の利用。
  • 介護療養型医療施設の利用。

介護保険制度のメリット

介護保険を利用してサービスを受けていただくと、お客様にとって下記のようなメリットがあります。
この制度は「利用者の方のご要望を反映しやすい制度であること」が総合的な特徴ですので、それを踏まえてご覧ください。

専門家による安心のサポート

専門家による安心のサポート

ケアマネジャーやホームヘルパーなど、介護の専門家による適切な指導が受けられるため、介護サービスを受ける側の要介護者にとっては非常に安心できます。

費用負担の軽減

費用負担の軽減

要介護認定を受けられていることや、限度額(10万円以下の商品)などの要件を満たせば、福祉用具のご購入後に一定金額の還付を受けることができます。

サービス内容の拡大と、選択の自由

サービス内容の拡大と、選択の自由

介護サービスの内容は、従来の福祉制度とは異なり介護を受ける側が選択して利用できます。また、公共機関だけでなく、民間事業者も参入が可能になったため、より質の高いサービスが実現しました。

介護保険購入について

介護保険適応の製品をお求めの際は、各市町村の認定を受けた指定業者である販売店経由でご購入ください。指定業者でないホームセンターなどのサービス施設や、ケアマネジャー・ホームヘルパーが介入しない購入経路をご利用になると、介護サービスの対象外となり、介護保険は適応されません。介護保険適応でのご購入をご検討の方はご留意ください。

介護保険制度について